PLLまとめ

【FF14】Ver5発売前情報!ジョブバランス関連まとめ【第51回PLL】

こんにちは☆コニー(@ConnieTarte)です。

2019年5月24日に行われた「第51回FFXIVプロデューサーレターLIVE(PLL)」で、新パッケージ「漆黒のヴィランズ」に関する様々な新情報が公開されました!

この記事では、新情報のうち『ジョブバランス関連(既存ジョブの変更点)』に関する情報をまとめてみました。

ジョブ間シナジーの調整

Ver5ではジョブ間シナジーが大幅に調整されます。

これまでは、特定コンテンツに挑む際にジョブ間シナジーを意識したパーティ構成が行われることがありました。

それにより、パーティのジョブ固定化や、特定のジョブで参加必須など、ジョブ選択の自由がない状況に。

Ver5では、このようなことをなくし、ジョブ選択を自由にできる調整が行われるとのこと。

シナジーはなくなりはしないが、かなり薄くなる。

やることを無くさないために残しているが、パーティ編成の決定には影響しないレベル。

 

ジョブ間シナジーは効果量減少

既存のジョブ間シナジースキルは残るものの、効果量はかなり減少するとのこと。

 

斬/打/突などの耐性低下Debuffを削除

スキルの中には、発動時に敵の斬耐性・打耐性・突耐性を低下させるものがあったのですが、これらの耐性低下はなくなるとのこと。

これにより、特定ジョブの組み合わせ固定化がなくなることが期待されます。

例えば、これまでは竜騎士が突耐性を下げることで、レンジ(吟遊詩人・機工士)の与ダメージがアップしていました。

竜騎士とレンジがパーティを組めば、2人分以上の火力を発揮できていたということです。

しかし、Ver5では耐性低下がなくなり、レンジは竜騎士の恩恵を受けることができなくなるので、パーティを組んでも2人分の火力となるわけですね。

吉P
吉P
モンクも肩身が狭くなくなります!

 

各アクション効果量見直し

耐性低下がなくなるので、既存の耐性低下を持っていたスキルは効果量が見直しされるとのこと。

 

一部アクションは削除

耐性低下がなくなるので、既存の耐性低下を持っていたスキルは一部アクション自体が削除されるとのこと。

 

新ジョブである踊り子はシナジーの強さが特徴

図には「シナジー」と書かれてありますが、実際は「バフ」。

こう書くと『踊り子必須なんじゃない?』と思われるかもしれないが、そうじゃないんだとのこと。

 



タンクロールの調整

Ver5ではタンクの仕様が大幅に調整されます。

結論を先に書きますと…

  • ヘイトを取りたいときはタンクスタンスをONにする
  • 自分を防御したいときは防御バフを張る
  • パーティ全体を防御したいときはパーティ用の防御バフを張る
  • STのときはMTに支援用のバフを張る
  • それ以外のときは最高のスキル回しをしてDPSを出す

というように、おそらく世界中のタンクさんが求めていたであろう仕様になったと思われるとのこと。

どのジョブもMT/STができるようになる

(MT向き・ST向きということがなくなる)

 

ガンブレイカーを含む4ジョブ、いずれもMT/STに両対応

これまでは、MT=戦士、ST=ナイトが主流の組み合わせでした。

このようなジョブ固定化をなくすため、Ver5ではすべてのタンクに以下のアクションが追加されます。

  • パーティ全体に対する防御Buffを所持
  • ST時、MTに対する支援Buffを所持
  • 自身への短時間防御Buffを所持

これにより、どのタンクもMT/STができるようになります。

※ジョブそれぞれ戦闘メカニズムが違うので、そこでジョブ差を出していくとのこと。

 

攻撃スタンス廃止

タンクには防御スタンス(タンクスタンス)と攻撃スタンスというものがありました。

  • 防御スタンス…ヘイトを稼ぎやすくなるが攻撃力が下がる
  • 攻撃スタンス…攻撃力は下がらないがヘイトは稼げない
ジョブ 防御スタンス 攻撃スタンス
ナイト 忠義の盾 忠義の剣
戦士 ディフェンダー デストロイヤー
暗黒騎士 グリットスタンス
暗黒
暗黒

MT中は防御スタンス、ST中は攻撃スタンスに切り替えるのが基本でしたが、Ver5では攻撃スタンスが廃止されます。

 

タンクスタンスのON/OFFのみに

攻撃スタンスの廃止により、防御スタンス(タンクスタンス)のON/OFFのみになります。

 

タンクスタンスの仕様変更

これまでの防御スタンスは、ヘイトが稼ぎやすくなる&耐久力が上がりますが、代償として攻撃力が下がってしまいます。

そのため、タンクさんの中には『火力が落ちる防御スタンスにはしたくない!』という方もいらっしゃいました。

こういったことをなくすために以下の仕様変更が行われます。

  • 攻撃力ダウン/被ダメージ軽減/最大HP上昇などの効果を削除
  • 敵視が上昇しやすくなる効果のみ発生(どの攻撃でも敵視が上昇)
  • 被ダメージ軽減は特性として再設定

MTは防御スタンスを入れっぱなしでも何のデメリットもありません

被ダメージ軽減は特性「タンクマスタリー」で設定されます。(後述)

 

敵視上昇のためのコンボを廃止

Ver5からは、ヘイトコンボが廃止され、タンクスタンスをかけていればどの攻撃をしてもヘイトが稼げるようになります。

ヘイトを稼ぐためにヘイトコンボをいれなきゃいけない。でもダメージが下がるからヘイトコンボをしたくない。

というようなことがなくなるのです。

つまり、MT/ST時にスキルローテーション(スキル回し)の変化が発生しないようになります。

吉P
吉P
攻撃時のヘイト上昇値はおそろしく高くしてあります

 

特性「タンクマスタリー」を実装

新たに特性「タンクマスタリー」が実装されます。

本特性を習得すると以下の効果が得られます。

  • 常に自身の被ダメージを20%軽減させる
  • 最大HPと与ダメージに固有の計算補正を発生させる

タンクスタンスの仕様変更により、防御スタンスから被ダメージ軽減が失われますが、代わりに本特性によって被ダメージ軽減を得ることができというわけですね。

 

ナイト関連

  • 忠義の剣が削除される。
  • プレイ感は大きくかわらない。
  • ライオットソードで新たなバフが付与される。
  • 新バフ中は魔法が無詠唱になるのでこれをスキル回しにはさんでいく。
  • シェルトロンの効果が一度だけだったのが一定時間になる。
  • レイジ・オブ・ハルオーネはなくならないが他のスキルに置き換え。(上位スキル?)
  • 突進スキルが追加される。

 

戦士関連

  • デストロイヤーが削除される。
  • プレイ感は大きくかわらない。
  • ウォークライで新たなステータスが付与される。(原初の混沌?)
  • 新ステータスを消費して撃つ技はフェルクリーヴより強く、4タンク中最も強い攻撃。
  • 味方にバフを投げる
吉P
吉P
Ver5もこれでもかってぐらいフェルクリはしますw

 

暗黒騎士関連

  • タークアーツが削除される。
  • パーティ全体へのバフが追加される。
  • 内なる自分を引っ張り出して一緒に戦う。

 

ガンブレーカー

  • 魔弾(ソイル)を使って戦うジョブデザイン。
  • コンボルートがどんどん変わっていくので、遊び心地が他のタンクと違う。
  • 突進技・無敵技・自己リジェネアクションがある。

 


ヒーラーロールの調整

Ver5ではヒーラーに新ジョブ追加はありません。

ヒーラージョブとして、3ジョブすべてが横並びになるように調整されます。

新アクションは各ジョブの不足を補うものが追加される

 

プロテスの廃止

我々を長年支えてくださったプロテスさんがFF14を卒業されます…。

お世話になりました!

 

新アクションはヒール面での不足を補うものを追加

Ver5で追加されるスキル(アクション)は、それぞれのジョブにとっての「ヒール面での不足」を補うものが追加されます。

  • 白魔道士:無詠唱回復魔法を追加し詠唱負荷を低減
  • 学者:ペットの挙動の変更と、ダイレクトヒールとバリアのバランスを調整
  • 占星術師:双方のスタンスとカード効果を調整

詳しくは後述。

 

攻撃アクションの見直し

攻撃バランスが見直されます。

 

白魔道士関連

  • ヒーリングリリーは今まで単体魔法でしかスタックできなかったが、時間経過で咲くようになる。
  • 詠唱の影響で移動性能が悪かったためインスタンスヒールを大幅強化。
  • 移動しながらヒールをまいて、移動先で攻撃や次の回復の準備など、一手やれることが増える。
  • ヒーリングリリーを消費することで新たなブラックリリーが成長し、強力な攻撃魔法が撃てるようになる。
  • 石じゃないものを飛ばす。
吉P
吉P
羽が生えた!

 

学者関連

  • バリア一辺倒だったところにダイレクトヒールが追加される。
  • 他のヒーラーに回復を任せるのではなく、学者も回復してお互い支える。
  • フェアリーのセレネとエオスがまったく同じ性能になる。(デザインが好きな方を使えばよい)
  • セラフィムを一定時間召喚できるようになり、フェアリーよりも強力な回復ができるようになる。
  • 光の癒しのマクロ連打ができなくなる。

学者にダイレクトヒールを持たせるのは強すぎるのではという声もあるが、大丈夫とのこと。

 

占星術師関連

  • カードがものすごく変わった。(すべて与ダメージ上昇)
  • 「カードの役割」や「誰に」の要素は残っているので、カードを引き直す局面はある。
  • ドローとプレイのリキャストがわかれたので噛み合って無駄になることがなくなる。
  • 一定時間両方のスタンスを使えるアクションがある。
  • 引いたカードのシンボルを組み合わせることでアクションが変わる。

 



DPSロールの調整

DPSの調整は「正統進化」と「メカニクス再構築」の2種類の方向性に分かれています。

  • 正統進化:従来の使用スタイルをそのまま正統進化させる
  • メカニクス再構築:メカニクス変更が行われている

各DPSがどちらの方向性なのかは以下の通り。

正統進化 モンク
竜騎士
忍者

黒魔道士
赤魔道士
メカニクス
再構築
吟遊詩人
機工士
召喚士

 

マナシフトの廃止

キャスター系のジョブが使えていたマナシフトが廃止されます。

 

モンク関連

  • 疾風迅雷4が解禁される。(疾風の構え時)
  • 疾風迅雷を維持できるようになる。
  • パッチ5.4ぐらいのスキルスピードではホント速いから気を付けて。

疾風迅雷4は、アクションが速くなりすぎることで、モンクを使いこなせる人と使いこなせない人のDPS格差が出てしまうのではと思い、Ver4では実装が見送られました。

しかし『モンクを使ってて楽しくない』というのは良くないので、今回リクエストに応えられました。

疾風迅雷を維持できる仕掛けを用意したりなど、DPS格差があまりつかないような調整が行われているそうです。

 

竜騎士関連

  • 管理するものが減った。
  • ジャンプが速い。(極限まで速くしている)
  • ヘビィスラストが削除される。
  • ミラージュダイブの発動条件が変わる。

 

忍者関連

  • タンクスタンス変更にともない、ヘイト操作系アクションが軒並み削除される。
  • 特定条件で上位忍術が使える。
吉P
吉P
影分身!

 

侍関連

  • プレイ感は大きくかえてない。
  • 葉隠れが削除される。
  • 乱れ雪月花の回数が増える。
吉P
吉P
なぜ2回うったおまえ!?

 

黒魔道士関連

  • アストラルファイア3のタイミングでブリザード系の次の魔法がMP消費無しで使える。
  • アンブラルソウルが新しく追加される。
  • アストラルファイアの時間が延びている。
  • 最上位魔法が追加される。
  • MP0の状態でブリザガを撃てる。
  • 単体フレアが追加される。

 

赤魔道士関連

  • デプラスマンとリキャストが一緒のスキルが追加される。(後ろに飛ぶのが怖い人用)
  • 移動中に実行できるインスタントスキル追加。(ゲージを消費)
  • ヴァルホーリー/ヴァルフレアの後にインスタントキャストが追加。

 

吟遊詩人関連

  • 管理するものが多かったので、今回結構手が入った。
  • プレイ感はそこまでかわらない。
  • 動きながらストレスなくアクションできるところはより快適になった。
  • 戦歌の効果からクリティカルアップが削除される。
  • 詩心の付与条件がかわる。(DoTでprocすると付与)
  • 高レベル帯になるとソウルボイスゲージがたまり、強力なアクションが使える。
吉P
吉P
現状の問題点を解消して遊びやすくしました!

 

機工士関連

  • 大きなメカニクス変更が行われている。
  • ヒートゲージとバッテリーゲージをのばしてロボを召喚する。
  • ガウスバレル・特殊弾が削除された。
  • ゲージはたまればうれしい程度。
  • ガンナーではなく改めて機工士を意識し、火を噴いたり、ドリルを飛ばしたり、時にはロボットを召喚したり、いろんなメカを使うジョブになった。
吉P
吉P
ほぼほぼ新ジョブになりましたw

 

召喚士関連

  • エーテルフローが2つになった。
  • ルインジャの発動条件がかわる。(ペットがアクションをしたとき)
  • サモンの詠唱がなくなり、いつでも自由にエギを切り替えられる。
  • 戦闘前にエーテルフローを最大にしなきゃいけないというメカニクスをかえた。
吉P
吉P
そしてフェニックスw

 

踊り子関連

  • 「ダンス」「ステップ」がコンセプト。
  • パートナーを組むという新しい仕組み。
  • 自分とパートナー、二人でバフアップをしながら戦う。
  • パートナーが行動したらゲージがたまり、つるぎのまいのような強力な技を使用できるようになる。
  • ステップには「スタンダードステップ」と「テクニカルステップ」の2種類がある。
  • スタンダードステップ:2つのステップで構成
  • テクニカルステップ:4つのステップで構成
  • ステップモードになるとステップしか使えなくなる。
  • 指定されたステップを順番に踏むとバフを付与できる。
  • バフの効果時間が少なくなってきたらステップを踏んでバフを掛けなおすのが基本戦術。
  • 自身を中心とした範囲攻撃と遠距離攻撃があるので、近づく/離れるが重要。
  • アクションはシンプル。(procしたら使う)
  • ステップはちょっとずつ速くなるのでテンポがよくて楽しい。

 


ジョブアクション動画

 

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は、2019年5月24日に行われたPLLで公開された新情報のうち『ジョブバランス関連(既存ジョブの変更点)』に関する情報をまとめてみました。

  • 正統進化するジョブ
  • 足りていない部分が補われるジョブ
  • 仕様やメカニズムががっつり変わるジョブ

どのジョブも楽しみですね!

ジョブアクション動画でワクワクしながらVer5を待ちたいと思いますw

以上、どなたかのご参考になれば幸いです♪

【FF14】奇跡の復活劇を記録!吉田の日々赤裸々。レビュー・感想 FF14を始めてからずっと気になっていた書籍があります。 その書籍というのが… 吉田の日々赤裸々。 ...
created by Rinker
¥1,500
(2019/08/19 10:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
コニー
コニー
Ultima(アルテマ)でFF14の日常・攻略ブログを書いてます。